読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名思いつきません。

ポケモンについての記事を書いていくつもりです。

ゲオにDVD買いに行った結果wwwwwwwwーぱこ速

クソ記事

オメガルビー置いてあったンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ラス一ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




はい、というわけで今日からルビーやっていきます #日記



【シングル】机上論構築

シングル
バンギラス@メンハ 図太い HBc
悪波  冷ビ  ステロ  吠える

ガブリアス@ナイト 意地っ張り HAs
逆鱗  地震  岩雪崩  剣舞

ボルトロス@ゴツメ   臆病
Sガブ抜きH実数値167残りB
10万  めざ氷  電磁波  挑発

・ピクシー@アッキ     図太い  HB
ムンフォ  瞑想  小さくなる  
マジガ→月光、天然→眠るor月光

バシャーモ@ナイト  意地っ張りhAs
馬鹿力  フレドラ  叩き  守る

ギルガルド@残飯  HS
シャドボ  毒  身代わり  キンシ


メガガブの特性を生かしたかったので砂要因としてのバンギ採用。

バンギのステロ、砂とギルガのスリップダメで削って行き最後にメガガブメガバシャーモの高火力で押し切る。

メガガブの+2逆鱗+ステロ+砂ダメ1回でHBクレセを高乱数で持って行ける。

ボルトで起点を作ってギルガピクシーでハメに行くこともできる。

両エースはクレセに対面弱いが取り巻きはクレセに強い。

メガガルーラに強いポケモンもそれなりにいる。

天候パがそれなりに厳しい。

零度スイクンなら熱湯をギルガの身代わりが耐えるために有利に戦える。

瞑想型ならピクシーで起点にできる。





最終シーズンはメガガブを使いたいと思っていたが、そんな事はとうの昔に忘れてしまっていてライコウとランドでクルクルサイクルを回すことしか考えていなかったので今さらながら公開。

あくまで机上論の構築なので詳細な説明もなし。

それなりに綺麗な並びになったのでは、と思う。

5世代の電磁砂を思い出すような並び。

シーズンが終わってからモチベが上がって色んな構築を組み始めるのは自分だけではないはず。

使える場所がフリーしかないので悲しい。

というわけで、どなたか身内大会開いてください。。。。。。。









ここから先はORASのお話。


ライコウマンダマリルリ@3という並びを考えていたが、

ライコウとか厳選厳しいやないかーーーーいWってなって没案になりつつある。

やっぱり乱数ができる5世代環境は神なんだね。 #4世代乱数しかできません #乱数弱者 #老害

ORASは発売されて3日後くらいに買うつもりだが、果たして売っているのだろうか… #日記



【シングル】XY最終使用構築「ランドライコウ」

シングル
・始めに
 構築を組み始めるに当たって、流行りのボルトランドコントロールやボルトスイクンの並びに負けないようなパーティーを作りたいと思い構築を組み始めました。
 しかし、この構築であまり対戦数をこなしていなく、これから取り巻きを調整していこうとしていたためまだまだ構築は未完成です。
 特にフェアリー、竜の一貫を切ることができていなくタイプ被りもあるため構築の見た目の印象としては最悪だと思います。
 改善案は色々と思いついたのですが、個体を積もるのが面倒なのと残された時間があまりないためこのまま潜っていました。
 従って、構築の完成度としては最低クラスですが最後ということで記念がてら使用構築を晒すことにします。

 それでは構築の並びを紹介します。

f:id:pakouepoke:20141113122540j:plain


・個別解説
以下採用順

性格:  臆病
特性:  プレッシャー
持ち物:  拘り眼鏡
実数値:  165-××-95-167-121-183
努力値: 0-0-0-252-4-252
技構成: 10万ボルト ボルトチェンジ 神通力 めざぱ氷


 環境に増えているボルトスイクンの並びに圧倒的に強くボルトや電磁波に後投げできる高火力高速アタッカー。
 ボルトランド入りの構築はライコウの通りが良かったことが多かったので、ボルトランドにはライコウランド@1の並びで崩していくことが多かったです。
 またローブシンと並べているため、相手側としてはライコウの壁展開からのビルドローブ瞑想スイクンというギミックも切ることができないため壁展開を意識した選出をされてライコウの眼鏡10万で圧力をかけてイージーウィンという対戦もそれなりにありました。
 また、神通力を採用している理由は言わずもがなゲンガー、フシギバナ意識。
 CSメガゲン程度ならば9割程度の高乱数で確定一発。メガバナも神通力を連打すれば基本的に打ち負けることはありません。
 持ち物はスリップダメが嫌だったのと瞬間的な火力を求めて眼鏡。
 眼鏡で良かった対戦と珠の方が良かった対戦は五分五分といったところなのでまだまだ改善の余地あり。
 ボルチェンで圧力をかけつつサイクルを回すのが非常に強かった。


性格: 意地っ張り
特性:  威嚇
持ち物:  拘りスカーフ
実数値:  175-206-113-××-101-139
努力値:  84-180-20-0-4-220
技構成: 地震 岩雪崩 馬鹿力 蜻蛉返り


 ライコウと一緒にサイクルを回しつつ地面の一貫を切るために採用。特製のおかげで物理に対してそれなりの繰り出し回数が保証されるのも評価できるポイント。
 ライコウは高火力で相手に負担をかけつつサイクルを回す役割だが、ランドロスはタイプと特性で相手の攻撃をうけつつ有利対面を作っていく役割といったイメージ。
 また、後述するスイクンと合わせてランドスイクンの並びを作れるため基本的にガルーラを軸とした並びには非常に強く出ることができる。
 持ち物はメガルカリオ意識のスカーフ。
 調整は準速ミトムを抜きつつガブの逆鱗を威嚇込みで2耐えできるよう設定。
 技は個体がないので馬鹿力ですがはたき落とすの方がいいです。

性格: 意地っ張り 
特性: 肝っ玉→親子愛
持ち物: ガルーラナイト 
実数値:  181-194-120-××-120-152
努力値:  4-252-0-0-0-252
技構成: 恩返し グロウパンチ 冷凍パンチ 炎のパンチ


 ライコウランドでサイクルを回して削れた相手を一掃する役割。
 また、有利対面を作ってグロウパンチで積んで行きそのまま全抜きもできるポテンシャルも秘めている。
 サイクルを回すタイプの構築は受けループが辛い印象なので、そこを意識したグロウパンチ+エアームド意識の炎のパンチ。
 よく初手にグライオンを呼ぶのでエアームド引きにグロウパンチを合わせつつ炎のパンチと冷凍パンチで後続も抜いていくといった流れ。
 ここらへんは相手の立ち回り次第になりますが、基本的にグライは攻撃せずにムドーに引いてくることが多かったのでこの立ち回りで問題なかったと思います。
 また、呼びやすいナットレイに刺さるのも炎のパンチを採用した理由でもあります。


性格: 意地っ張り
特性: 根性
持ち物: 突撃チョッキ
実数値:  207-198-121-××-96-67
努力値: 212-156-44-0-84-12
技構成: ドレインパンチ はたき落とす 冷凍パンチ マッハパンチ( ∩’-’ )=͟͟͞͞⊃ ’,;’;


 上述のガルーラと合わせてガルローブの並びを作れて相手のゲンガーに弱くないポケモン。鬼火を受けれる物理ポケモンというのが採用理由。
 調整はにゃおーしさんのこちらの記事の調整をお借りしました。
(無断でリンクを載せているので問題があればすぐに消します)
 ボルトランドにもそれなりに強く、ボルトランドに強いマンムーに強いポケモン。ランドライコウ選出ができない時に、ガルーラの障害となるゴツメやスカーフをはたき落とすことができるためガルローブという並びは非常に優秀でした。
 

性格: 呑気
特性: プレッシャー
実数値:  207-95-149-142-135-94
努力値: 252-0-4-252-0-0
技構成: 熱湯 冷凍ビーム 絶対零度 神速


 ランドスイクン、ガッサスイクンの並びを作れる。
 相手の物理ポケモンにスリップダメージを入れつつランドライコウガルーラ圏内に入れるのが理想。
 5世代のHCジュエルスイクンの個体を流用していますが、多少耐久に振るべきだと思います。めんどくさかったのでこのまま使っていました。
 ただ、C振りのおかげで勝てた対戦も何回かあったためここの調整は要検討。
 相手のピクシークレセドランに強く出れる。


性格: 陽気
特性: 加藤鷹
持ち物: 気合いの襷
実数値: 135-182-101-××-80-134
努力値: 0-252-4-0-0-252
技構成: タネマシンガン 岩石封じ マッハパンチ キノコの奉仕


 ここまででステロの展開役ポケモンが辛そうだったのでそれに強く出るために採用。
 襷を持つことで様々な相手に1対1交換以上を仕掛けられるから強い。
 性格はガッサミラーを考えて陽気。マリルリの太鼓読みで後出しするっていうヤンキープレイもしたことあるが基本的に襷をうまく温存して立ち回れるようにしたい。


・総評
ライコウランドは9割近く選出していたが、思ったよりガルーラを選出していなかったためこの枠は改善の余地あり。この枠にメガゲンガーを採用しフェアリーの一貫を切りつつランドライコウの障害をキャッチするのが1番か。
 もしくは、ガルーラの枠に毒ガルドを採用するのもありかもしれないがメガ進化を採用しない構築は基本的に考えたくない。
 1番フィットする気がしたのはメガメタグロスだが、そもそもこの環境に存在しないので却下……。
 とにかく竜フェアリーに後出しできるメガ進化を入れることができれば構築バランス的にはベストだと考えられます。
 





色々と改善案をだらだら述べてきましたが、この構築のままでもニンフィア入りやサナランドなどには勝てていたので正直なんとも言えないのが困ったところ。

結論としてはうまくサイクルを回せれば何とでもなる、ということでしょうか((

 この構築を使って
シングルレートシーズン6
28勝8敗(レート1834)
フレ戦2勝0敗
総成績
30勝8敗

でした。





ポケモンサボって白猫ばっかやってましたごめんなさい。

潜り始めたのもシーズン終わる直前です。

次に構築をブログに載せる時はもっとちゃんとした構築を載せたいです頑張りますごめんなさい。

新作はまだ予約していませんが、買うつもりです。

ORAS環境ではメガマンダ入りを使いたいと思いますのでどなたか一緒に考えましょう(^^)/~~~


それでは、みなさん。

XYレートお疲れ様でした!!

またORAS環境で戦いましょう!




















白猫マルチいつでも募集しています。誘ってください。

ここまで読んでくださった方はありがとうございました!


 
 
 
  
  
 


絶賛期末試験期間なうなわけだが

クソ記事




この時期に意味不明なクソエグい課題出してくるコミュ障クソオタク教授マジで○ね #過激派



勉強グロすぎてTwitterは見てません見れませんもう辛いですんもおおおおおおおおおおおおおおおおお勉強辛いもおおおお嫌だアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア



明後日テスト2つあんのになんでバイトあるのかな〜〜!??????????

はい徹夜2連コース〜〜〜!!!!!

ウェーーーイwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww










なんなんだこの世の中は。












#お勉強は計画的に  

【シングル】壁展開ライコウバシャピクシー

シングル

・始めに
流行りのメガバシャーモを使いたいと思って構築を組み始めることにしました。

メガバシャーモを抜きエースとして運用する際に組ませるポケモンに必要な要素として

①水、飛行(特にファイアロー)に強い

バシャーモの積みをサポートできる

③相手の高速アタッカーのSを下げてバシャーモで上から叩けるようにできる 

以上の3点が必要だと考えました。

この3点を満たすポケモンライコウだったため採用を決定。

またライコウバシャーモの並びは
先日行われた関西シングルFESTAで優勝された方が使用されていたため弱いはずがないだろうということで、この2体を軸に取り巻きを決めました。

まず最初にこの2体だとスカガブに地震を打たれるだけで壊滅するので、スカーフ地面技を起点にできるポケモンとしてカイリューを採用。

ここまででの竜の一貫を消すためにピクシーを採用。

カイリューピクシーは壁を張ることで強引に積むことができるためライコウとの相性は良好でした。

次にここまでで重めなステロ展開のステロ巻きのポケモン(カバルドンラグラージ)に強く、圧倒的な対面性能を誇るキノガッサ

相手のピクシーが辛いのでそれの処理役としてスイクンを採用して6体が決まりました。


f:id:pakouepoke:20140624114138j:plain


あの、やっぱりパツキンの振袖姉ちゃんめっちゃ可愛くないですか?(オタク並みの感想)



・個別解説
性格: 臆病
特性: プレッシャー
持ち物: 光の粘土
実数値: 175-*-96-157-121-183
努力値: 76-*-4-172-4-252
技構成: 10万ボルト 電磁波 リフレクター 光の壁


めざ氷を切った5V個体。

ガブリアスに何もすることができませんが、剣舞されても身代わりされても裏のピクシーで割とどうにでもなるのでこの技構成。

基本的には両壁を張って退場が理想ですが、ゲンガーリザードンと対面した時は電磁波から入ります。

特にリザードンだと見せ合いの段階でXかYかわからないので確実にSを奪って後続で処理しに行きます。

調整は5世代の流用個体です。スカーフカイリュー地震耐え、壁下で陽気2舞カイリューの逆鱗耐えです。



性格: 意地っ張り
特性: 猛火→加速
持ち物: バシャーモナイト
実数値: 171-232-101-*-102-136
努力値: 124-244-4-*-12-124
技構成: 飛び膝蹴り フレアドライブ 雷パンチ 剣舞


壁下でのエース。メガ進化することにより底上げされた耐久と壁を盾に強引に舞っていく。

調整は調べて出てきたものを使用させていただきました。

通常のバシャーモと違いある程度耐久があるのでかなり使いやすかったです。

ドリュウズオムスターキングドラなどの天候エースにも立ち回り次第で上から叩けるのが強かった。

技構成は壁下での運用を前提としているので守るを切って剣舞を採用。

抜きエースとして運用したかったので馬鹿力ではなく飛び膝蹴りを採用。

剣舞飛び膝蹴りはH振りのみのカバルドンなら確定で持って行くほどの火力。

フレドラはほぼ確定で残る一枠は、
後出しされるギャラドスマリルリが不快だったので雷パンチ。

雷パンチの枠は叩き落とすと選択ですが、このパーティーだと絶対に雷パンチの方がいいです。

目安までに壁下での耐久をいくつかあげておきます。

・A112マリルリの滝登り(102〜120)+アクジェ(51〜61)乱数耐え
・A205珠ドリュウズ地震(149〜177)75%耐え
・A182鉢巻ガブの地震(153〜180)62.5%耐え
・A146鉢巻アローのブレバ(147〜174)87.5%耐え
・A207メガカイロスの恩返し(153〜181)62.5%耐え
・A194メガガルーラ地震(109〜120)確定2発
・C178ニンフィアの眼鏡ハイパーボイス(86〜102)確定2発
・C172水ロトムハイドロポンプ(106〜126)確定2発

壁下ならだいたいの攻撃を1度耐えれます。



★ピクシー
性格: 図太い
特性: 天然
持ち物: アッキの実
実数値: 202-*-137-115-111-80
努力値: 252-*-252-0-4-0
技構成: ムーンフォース 小さくなる 瞑想 眠る


電磁波、両壁のサポートを受けて全力で小さくなる。

またカイリューが逆鱗を打ってマリルリにキャッチされた時のストッパーでもあります。

元々高い耐久なので壁を張ることでさらに小さくなるの試行回数を増やすことができます。

回復技として月の光ではなく眠るを採用していますが、壁下ならば眠るでもなんとか回復は追いつくので眠るにしています。

回復速度よりもせっかく積み切ったのに、毒などを入れられて機能停止する方が嫌だったというのも眠るにした理由の一つでもあります。

トリック持ちにさえ気をつければ、雑に扱っていても強いです。

ハッサムも眼鏡ドランも†運次第†では突破することができますが、極力鋼タイプはバシャーモに処理を任せたいところ。
回復技を眠るにしているので尚更きついです。

あとは祈りましょう。

(ピクシーの前で腹太鼓してくるマリルリ多すぎワロタ)



性格: 意地っ張り
特性: マルチスケイル
持ち物: ラムの実
実数値: 167-204-115-*-120-132
努力値: 4-252-0-*-0-252
技構成: 逆鱗 地震 神速 竜の舞


舞って殴るだけ。シンプルisザベスト。

催眠対策が圧倒的に薄いので持ち物はラム。

ライコウでスカーフ地面技を誘って起点作って舞ったり、壁下で舞ったりマルスケを盾に舞ったりするだけ。

特に説明はいらないでしょう。



性格: 陽気
特性: テクニシャン
持ち物: 気合の襷
実数値: 135-182-101-*-80-134
努力値: 0-252-4-*-0-252
技構成: タネマシンガン マッハパンチ 岩石封じ キノコの胞子


6世代になっても対面性能は健在。

パーティー全体で弱いカバルドンラグラージに強く多くのポケモンに1対1交換以上を仕掛けられる。

性格は封じ後のゲンガーを抜きたかったので陽気。

こいつもまた特筆すべきことはないでしょう。



性格: 呑気
特性: プレッシャー
実数値: 207-95-149-142-135-94
努力値: 252-0-4-252-0-0
技構成: ハイドロポンプ 冷凍ビーム 絶対零度 神速


5世代のジュエルスイクンの流用。

申し訳程度のガルーラ対策としてゴツメを持たせました。

めんどくさい耐久ポケモンや小さくなってくる輩を3割で凍らせれるのが強かったです。

面倒なので耐久調整はしてませんが、ガルーラのねこ捨て身耐えくらいまでBに振ってあげると安心できると思います。

こいつもやっぱり対面性能は高かった。

神速の枠を猛烈にミラーコートに変えたいけど切れるわけないわな?




以上個別解説でした。




・最後に
実はこのパーティーは何百戦も回した構築ではなく、レートフレ戦合わせて30戦ほどしか回していません。

しかし1敗しかしていなくかなり勝率がいいのと、自分がそろそろテスト期間に入るので余り煮詰める期間がなさそうなので公開することにしました。

ざっと回して見た感じ重そうな並びは
・サザンガルド(択に勝てれば問題ない)
・ランドルカリオ(ルカリオに舞わせなければ何とかなりそうな気がしなくもない)
・トリルクチート(バシャを温存しつつクレセを落としてトリルが切れた状態でバシャとクチートを対面させれば勝てる)   といったところです。

いずれも立ち回り次第でなんとかできると思いますが、窮屈な立ち回りを強いられたり、選出をうまく読み当てたりしなければならないので少しやりにくそうな印象を受けました。


メガ枠が一体しかいないため、選出の自由度が高く相手の構築に合わせて臨機応変に選出ができるという意味ではこの構築は使いやすかったです。


以上でパーティー紹介を終わります。


最後まで読んでくださった方はありがとうございました。























〜さようなら5世代〜ゴチル入りカバドリラティ

シングル
簡易記事となります。

面子はこちら

f:id:pakouepoke:20140518234311j:plain



最高レート1862に到達した時は
ゴチルの枠がスイクンでしたが、
武神や受けループ入りにもっと強くでたかったのでスカーフゴチルを投入しました。

初手に誘いやすいパルやガッサにも上から抜群技を入れられたりと使い勝手は良かったです。

需要もあんまないと思うので以下簡単に個別紹介

カバルドン@ゴツメ   慎重HD
地震 雪崩 ステロ 吠える

†永続天候は神†



ドリュウズ@襷   陽気AS
地震 アイへ 雪崩 剣舞

チュインチュインwwwwwwwwゴゴゴゴゴwwwwwwww
「怯んで動けない!」
 (´⊙౪⊙)۶ッッッッィィィィィイイイイイヨッシャアアアアアアアアアアアア アアァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!

#30%は神  #永続天候は神



ラティオス@眼鏡    臆病CS
流星 竜波 波乗り トリック

ピカーーーンwwwwwwwwゴゴゴゴゴwwwwシュンシュンシュンwwwwwwww

竜波の一貫取れたら勝ち#スカパルガチアンチ協会



ハッサム@鋼ジュエル  意地hAS
虫食い  バレパン  燕返し 剣舞

チュインチュインwwwwwwwwwwwwゴッゴッwwwwwwwwwwww

僕らのジュエルを返せ#全日本ジュエル剥奪被害者の会補佐

うまく舞えれば武神も穀せる。
申し訳程度のゴチル対策にもなる。



ゴチルゼル@スカーフ   臆病CS
サイキネ 10万 いちゃもん トリック

受けループとかには積極的に初手に投げて行く。

受けルはゴチル@2の並びで崩しに行きます。

ポイヒガッサの上を取れるのもGOOD

武神入りにはこいつのHPをうまく温存しながら立ち回る。



キノガッサ@毒玉  意地hAS
†腹パン† マッハパンチ( ∩’-’ )=͟͟͞͞⊃ ’,;’; 某氏 身代わり

草タイプにも胞子が効くこのポケモンが弱いわけなかった。

雨やバンドリカバドリには積極的に出す。

最速とってないからトノに抜かれたりするけどそれは仕方ない。

とにかく腹パンの威力がやばかったです。



以上です。雑ですが読んでくれた方はありがとうございました。





†5世代よ永遠に†








【シングル】シーズン3使用構築[ラグカイロスピクシー]

シングル


シーズン3で使っていた並びを公開します。

使用していた6体はこちらです。

f:id:pakouepoke:20140515174010j:plain



いつもはカバ始点のステロ展開の構築ばかり使っていましたが
別のポケモンも使いたくなったため、
良さげな構築を探していたところ
シーズン2やオフなどで結果を残している方が多かった「ラグカイロス」の並びが見つかったため、
この2体を軸としてパーティーを組むことにしました。

次にラグカイロスの選出をした際に、
カイロスの全抜きを阻止しにくる高耐久ポケモン(主にミトム、サンダーなどの電気タイプ)や上から叩いてくるスカガブなどのポケモンをある程度起点にできるピクシーを採用し、「ラグカイロスピクシー」の3体を基本選出としました。


また、相手のパーティーにミトムサンダー+ハッサムの並びが見えていると、
うまくカイロスハッサムを処理しないとピクシーで起点にすることができず、危ない立ち回りをしなければいけなかったので、
電気タイプ+ハッサムの並びをまとめてうまく起点に舞えるポケモンを探していたところ、メガリザードンXが見つかりましたので採用。

最後にラグが誘いやすいバナやヘラ、相手のステロを巻いてくるポケモン(ラグ、カバなど)に打点が持ててピクシーの積みをサポートできるボルトロス

優秀なクッション役であり、物理ポケモンにゴツメでスリップを入れてくれるクレセリアを採用して6体が決定しました。


以下個別解説。

◾︎ラグラージ@オボン   腕白
204(228)-130-140(228)-××-123-87(52)
滝登り  ステロ  欠伸  吠える

ステロ巻くポケモン。使ってて思ったのですが、図太いにして鬼火アローに強くした方がいいなと思いました((

努力値を見てもらえればわかると思いますがかなりSを上げています。

その理由としては眼鏡ニンフィアと初手対面した時でも2回行動を行うためです。
Sをニンフィアに抜かれていると、眼鏡ハイボでオボン込み確定2発なので
ステロを巻くだけで終わったり、滝登りを打つだけで退場したりと最低限の仕事がこなせませんでした。

しかしここまでSをあげることによって、
ほとんどのニンフィアに対して上から行動ができステロを巻いてもう一度行動することができます。

ニンフィアメガカイロスの恩返しだけでは落とせないため、ステロ→滝登りと打つことで次のターンカイロスを出して確実に落とすことができます。

よく聞くニンフィアのSラインが83か86だったので87にしましたが、
ほとんど抜かれることはなかったので、この調整でいいと思いました。

Hはオボン効率を考えて4n、物理環境なので物理方面の耐久を確保しました。



◾︎カイロス@目つきがやばくなる石 陽気
141(4)-207(252)-140-××-110-172(252)
恩返し インファ フェイント 剣舞
※特性は自信過剰

目つきやばすぎマン。このパーティーのエース。

こいつの火力は恩返し+フェイントでガブが沈むくらいやばいです。

地震インファイトは正直どちらも使いたいのですが、やたらと風船ドランを見かけたので泣く泣くインファにしました。

上手く全抜きできた時の爽快感はやばいです。

舞うタイミングをしっかりと見極めて舞えば勝ちです。

こいつをエースとして運用する時に1番注意していたことは「ガブと対面させる前にメガ進化させる」ことです。

進化前のSが152ですので、かなり多くのポケモンに抜かれてしまいます。

ですので、進化のタイミングを見極めることも大事だと思います。

また、特性は自信過剰にしていますが思ったより発動機会が多かったのでこれでよかったと思います。

ただ、残る二つの特性も強力なので正直なんでもいいと思います。
1番発動機会が多そうなのは怪力バサミでしょうか。

あと、こいつは地味に耐久があるので、
HP満タンの状態なら無振りアローのブレバを耐えます。



◾︎ボルトロス@帯    臆病
159(36)-121-94(28)-168(184)-100-179(252)
10万  めざ飛  草結び  電磁波

甘えたラグカイロスミラーをわからせる草結びを採用しています。

あとは特筆すべき点はないでしょう。

申し訳程度のトノスター対策でもあります。

挑発も捨て難いのですが、それよりも相手のSを奪ってカイロスで確実に上から叩けるようにしたり、ピクシーの積みをサポートする電磁波を採用しました。

また、このポケモンがいるとカイロスの並びを見ると相手はほぼ確実にライコウを選出してくるのでピクシーかクレセで処理していました。



◾︎ピクシー@アッキの実  図太い ※マジガ
202(252)-××-137(252)-115-111(4)-80
ムンフォ  小さくなる  瞑想  月光

物理エースを止めに来る低火力高耐久ポケモンを起点に積んで全抜きを狙う裏のエース。

1度積んでしまえば無限の可能性が生まれます。

特性はマジガも天然もどちらも甲乙捨てがたいです。

完全に相手のプレイングに依存するので正直どっちでもいいと思います。

いくら積まれても相手の技が当たらなければ余裕で勝てます。

大事なのは気合い。



リザードン@X石   陽気
153-182(252)-132(4)-××-105-167(252)
逆鱗  フレドラ  雷パンチ  竜舞

カイロスが出し辛い相手に出しやすいポケモン

電気タイプに耐性があったり鬼火が効かない物理ポケモンは強い。

意地っ張り鉢巻ガブや意地っ張りスカーフガブを意識して陽気最速。

雷パンチを採用することで、よくいるマリルリが+1雷パンチで高乱数一発になります。つまりステロ込み確定です。

またゴツメギャラにも雷パンチでほぼ確定なので、雷パンチはかなり使用機会が多かったです。

ただ、ステロを巻かれたりフレドラの反動などでゴリゴリ削られて行くので相手の先制技圏内に入らないように気をつけて立ち回る必要がありますので、選出した際はかなり注意して立ち回っていました。



◾︎クレセリア@ゴツメ   図太い
227(252)-××-174(148)-96(4)-163(100)-106(4)
サイコショック  冷ビ  瞑想  月光

前の記事で紹介した個体。

優秀なクッションであり、甘えた火力のポケモンを起点に舞う耐久頭おかしいマン。

めざ炎個体がいないのでこの技構成でしたが、冷ビを切ってめざ炎にするべきだと思います。






以上で個別解説を終わります。

(最後の方雑になってしまってごめんなさい)

最近2つの大きな対戦オフで連続して優勝しているラグカイロスですが、レート環境ではミトムやサンダーなどがかなり多くいるため一度舞っても止められること多く、正直使い辛かったです。

なのでラグカイロスを使うならばラグカイロス+電気に強いポケモン(できるだけ水、氷に弱くないポケモン)を構築に必ず組み込むべきだと感じました。

具体的にはライコウとかですね。

今回はパーティーコンセプトとして
「ラグ始点の物理積みポケモン2軸」を掲げていたのでこのような面子になりましたが、リザの枠をガブガルーラにしたりピクシーの枠をニンフィアにしたりしても面白いかもしれません。


基本選出は前述の通り。
相手によって、ボルトカイロスピクシー、リザクレセピクシー、クレセカイロスピクシーなど色々な選出をしていました。


このパーティーの戦績としては3週間くらいひたすらレート2000ちょいをウロウロしていたのでそこまで弱くはないと思います。

ただ、ラグカイロスはもっと勝てる構築のはずなのでシーズン4もラグカイロスを軸にパーティーを煮詰めて行きたいと思います。


それではここまで読んでくださった方、
ありがとうございました。

シーズン4も頑張りましょう。